オルタナ改装日記

オフグリッドを目指す改築アイデアをシェアしたい

私は、電力会社とサヨナラすることを選んだ。

今朝、電気料金が3割も値上げされるという新聞記事にビックラこいた。専売企業のなんという傲慢さ、乱暴さ。そろそろ電力会社に呆れて、太陽光発電で暮らしたいという人が増えないと、ますますこの国は貧しくなってしまうと思う。企業や国に、好き放題させてはいけない。

そんな今日、学校の先生方主催の"敵性技術”の勉強会で、講師として、我が家のオフグリッド願望を叶えてくれたI氏が登壇するというので参加してきた。こちらは、料理もできて、温かい煙でベンチを温めるタイプのロケットマスヒーター。鉄の箱の中には、さらに土管のような丸い円筒が入っている。勢いよく燃え上がった炎が、円筒を登り、フライパンに当たる。そして、行き場をなくした熱が、鉄の箱と円筒の隙間へ落ちて、煙突の上昇気流に引っ張られて、長いベンチの中を通り抜けて、煙突から出ていく。アルミのフレキシブルパイプが一斗缶のトンネルの中をクネクネと上下しつつ(滞留時間を長くするため)、スパイラル煙突へと続く。一斗缶の上には、軽カル板。その上に、テラコッタを敷いて、座面にしている。こちらが元祖ロケットストーブの基本形。燃焼口から五徳までがL字の構造になっていて、隙間には、断熱材としてパーライトが詰め込まれている。燃料口は縦型で、差し込んだ長い薪が、燃えながら勝手に短くなっていくという画期的な構造。

調理設備の整っていない南米の国で普及しているのだという。こちらがソーラークッカー。曇り予報だったので、実演はなく、焼いたチヂミを保温してみよう、という程度の実例。曇りでも手をかざせば、温かいのがわかる。本来、天気が良ければ、黒い鍋を置いて調理するものらしい。

母がこれに食いついていた(笑)。調べたら、1万円台で売っているようなので、近いうちに、母が買いそうな気がする。

砂漠など、薪があまりない地域で活用されているものだが、日本でもこれで三食料理をしている強者がいるのだとか!!!!!こちらが太陽光を集める、真空管の二重ガラスの筒。そう、我が家の温水システムと同じ造り。この器具を持参して展示していたHちゃんは、普段、これでお湯を沸かしているのだという。やはり上には上、強者はいて、もう少し大きいサイズの筒をオーブン代わりにして、クッキーを焼いたりするんだとか!!!!!!!もうびっくり!こちらはソーラーウォール。下から冷たい空気が入って、上のファンから温かい空気がでて、室内を温めるという器具。ファンがなくても、温度差で空気は対流するのだという。こちらもHちゃんの私物。極寒の地域に住むHちゃんは、大きな古民家の中に、テントを立てて、このソーラーウォールを使ってテントの中を温めているだとか。木枠にガラス、その中に黒にペイントした波板が入っている。大きな建物でも、壁面にこれをたくさん取り付ければ、建物全体の暖房も可能だという。実演は、耐熱レンガを積むだけの簡単ストーブ。で、本日のお題の"敵性技術"。まだ私の理解は追いついていないが、その土地で手に入るもので、持続可能な生きる技術を身につけるということなのかな、と思った。肝心なのは、その技術を大企業に頼り搾取されないこと。市民一人一人が創意工夫しつつ、つながりつつ、勇気を出しつつ、楽しみつつ、暮らしをより良いものに変えていく挑戦をし続けること。

私にできることはなんだろう。オフグリッド生活の詳しい技術は伝授できないけど、"オルタナティブ"なやり方のアイデアやヒント、楽しむ姿勢ぐらいなら、私にも伝えることができそうだ。

最高の薪と、強化ガラスの採光リポート。

本日も薪の調達からスタート!

近所の方に許可をもらった伐採後の山へ。「太い幹はベンチなどに加工するので、細めのものだけ持って行ってもいい」と言われた時は、大した薪ももらえないかと思っていた。が、山で見る枝の量が少しだと思っても、トラックに積むと、結構ある。それを割って薪にすると、うちの薪棚なら、結構埋まるほどある。ということを実感した。午前中かけて、軽トラック二杯分の薪をゲット。今まで運んだ薪の中で最高に重い薪を手に入れたことが、最高の満足。まだ伐採されて間もないこともあって、虫食いもほぼゼロ。見た目も美しいが、硬さにおいても、最高の薪。いい仕事をした。満足感。ほくほく。2階の床にはめた強化ガラス。午後の光がいい感じで一階へ降り注ぐのを目撃したので、ガラス越しの太陽光がある時、ない時、を比較。<強化ガラス越しの太陽光を遮った場合>

<強化ガラス越しの太陽光がふり注ぐ場合><強化ガラス越しの太陽光を遮った場合><強化ガラス越しの太陽光がふり注ぐ場合>今日はゴミ置き場の掃除当番。当番札をお隣さんへ持って行ったら、自転車のカゴに満載のほうれん草ブーケをもらった。田舎って、ほんと豊かだ。

 

久しぶりのまとまった雨!ウキウキ水脈パトロール!

雨音だけを聞いていると、不安になるほどの、雨だった(今までは、下記の記事の通り)。

offgrid.hateblo.jp

が、それから、2回の大地再生を経て、劇的に変わった。

offgrid.hateblo.jp

水脈のパトロールもウキウキしてしまう。大雨で溢れんばかりだった点穴もケロリとしてる。

<before>

<after>

大地再生で、地下浸透するように施工し、塩ビパイオを埋設した結果、大雨でも水捌け◎。塩ビパイプよりも低い位置に、やや水が溜まって入るが、それよりも増えれば、パイプから一段下の土地へと流れていくので、安心。家の南面。水溜りゼロ。家の東面。水溜まりゼロ。バッテリー小屋前。こんな浅い水脈でも、なんとか機能している。問題点。渡り廊下。家の壁から水脈まで水溜りあり。渡り廊下の屋根に雨トイをつけて、雨水を水脈へリードしてやらなくては。もう一つ問題点。南端の溝。どこにも流れていっていない。東へと流れる水脈を掘らなくては。

 

 

LPガス8kgボンベの持久記録37日止まり

8キロのLPガス(充填代3000円)をなんとか節約したいと思っていた。できることならば、二ヶ月持たせたい、と。10月25日から毎晩、キッチンストーブで料理しているのに、今日で、LPガスが空になった。ショック!

記録は37日。

母は「敗因は、私の毎晩の湯たんぽではないか」と分析していた。

確かに、湯たんぽのお湯もキッチンストーブで沸かすようになったのは、やや後のことだ。改善策としては、キッチンストーブで土鍋を使わないこと。土鍋を沸かすのには、驚くほど時間がかかる。大好きだった土鍋よりも、鉄製、またはステンレスの鍋を優先して料理してみよう。

天気のいい日、時間のある日は、朝ごはんも、昼ごはんも、屋外ストーブを使ってみよう。

 

 

 

薪を燃やし、薪を集め、薪を割り、また薪を燃やす。それだけで1日が終わる。

今日は朝から薄曇り。肌寒い。一日家にいるので、朝からロケットストーブを焚いてみた。まだ炉が暖かいので、火もすぐについた。太めの薪を入れて、熾火になって、またその熾火で杉っ葉を焚いて、また一から火を熾す。の、繰り返し。煙突から出る煙。しあわせの図。お隣さんの山へ、薪をもらいに行く。かなり野ざらしだったらしく、木がもうスカスカになっている(泣)。その中でも少しでも堅い木を選んで運んだ。他にも、近所で「薪を持って行ってもいいよ」と言ってくれていた場所も下見。あちこちから集めれば、来年の薪には困ることはなさそうだ。問題はこの冬!10月末からは、毎晩キッチンストーブを使い始めたので、11月はLPガス節約月間になっている。8月15日に引っ越してから、全てプロパンガスで料理していたので、きちんと毎月15日に10キロプロパンが空になっていた。10キロプロパンの充填が2700円。「来月からは3000円に値上げするんよ、なんでもかんでも値上げだね」と、言われたからには、10キロプロパンを二ヶ月ぐらいは持たしたい。

LPガス節約のために、夜はキッチンストーブ。昼間に家にいるときは、できるだけ、外の時計ストーブで煮炊きするようにしている。今日はひよこ豆と小豆を、庭仕事をしつつ、煮込んだ。

9月15日から使い始めたプロパンが、いつまで持つか楽しみだ。本日のニャンコ。そして夕暮れから、一人大地再生。Kさんがやっていた"大地の湿布"を、見よう見まねで。土地の周りにぐるりとある土塁の斜面を、土砂崩れしないように、葉付きの枝を活けるように、編み込むように、絡ませていく。

<before><after>昼間もロケットストーブをつけていたおかげか、夜に火をつけるのも、難なくスムーズにできた。快調に薪は燃えて、ベンチは暑すぎて座れないほど。ニャンコもベンチから逃げる(ベンチの上の窓に避難の図。ストーブ横の母の部屋から写す)。今夜のロケットストーブは、最高の火になった。約30度の角度をつけて、ヒートライザーの穴へと勢いよく吸い込まれていく炎。ロケットストーブの扉を開けると、母が「ああ、よく燃えてる匂いがする!こうやって、満足がどんどん増えていく暮らしはいいよねえ。最初にこんな暮らしをしたいと聞いた時は、一体どうなることかと思ったけどね(笑)」としみじみ。

20歳になるまでは、おくどさんと薪風呂の暮らしをしていたという母。この薪暮らしを一番楽しんでいるのは、間違いなく母だ。燃焼室の手前に、次に燃やす薪を立てて、燃やす前に乾燥させるというテクニックも覚えた。

まさに冬支度。家具屋の廃材をゲットできた

朝イチ、大工のI氏から召集がかかり、ストーブ暮らしを楽しむ4人衆が家具屋へ。みんなトンバックいっぱいの端材をゲットして、ホックホク。家具の廃材はとても堅い木材だし、よく乾いているので、最高の薪になる。我が家の軽トラに、二つのトンバッグを無理やり載せて帰る。ご近所のAチャンのトラックには、焚き付けに最高な、薄くて長い廃材を3束ほど。載せるのはフォークリフトだが、下ろすのは人力。

束の方は、滑り台を作り、雪崩落とす。成功!トンバッグに入った積み木のようなブロックは、Aちゃんが必要な分だけ、Aちゃんのトラックへポイポイ投げ入れる。あとの残りブロックを、我が家の使いさしのトンバッグに投げ入れたり、知恵を絞って、なんとか新しい二つのトンバッグを無事、軽トラックから下ろすことができたー。これで焚き付けは完璧。キッチンストーブの薪は充分。

だが、保管方法はまだ改良が必要。今はトンバッグの口を閉めて、トタン屋根を乗っけて急場凌ぎ。乾燥させる方法を考えなくては。

韓国式、薪のくべ方。

ついに畑の西端まで、雑草を根元で削ぎ落とし、開墾。

母が玉ねぎの苗を買ってきたので、70本の苗を定植した。

で、実は、玉ねぎのタネをばら撒いた畝もひと畝あったのだが、見ると、細い細い苗が雑草に負けそうだわ、密集して生えているわ、で、えらい有様に。それを間引きながら植え直すのに、午前中かかった。来年からは、苗床に生やして、それから植え替えよう。玉ねぎのばら撒きはダメ!失敗して、ようやくわかる。だけど年に一回しかチャンスがないのがもどかしい。念願の「大王」12カセの地下足袋が届く。

これは大地再生の会のKさんおすすめの地下足袋。カセを手の親指で押し込む動作は、ボケ防止にも効果的らしい。真夏などは、ゴム長靴で作業すると、熱中症になるけれど、地下足袋なら熱中症になることがないらしい。足首の弱い私には、最高の安心感。履き心地は最高!1日作業するぞ!という気持ちを地下足袋に託して、頑張れそうだ。米を炊くなら、羽釜が1番。と聞いたが、うちのチリ製のキッチンストーブが和式でないため、オーブンの部屋が邪魔して、羽釜のお尻がストーブにはまらない。

そんなわけで、本日、念願の羽釜(この家に残っていたもの!)の実験を、屋外の時計ストーブで試してみることに。これがすっぽりとハマって、いい感じ。火の加減も絶好調。。。。羽釜がぐつぐつ煮えたぎってから、はた、と気がついた。

このままでは焦げてしまう!

今までは、米を炊くときに、沸騰したら、奥から前へ、温度が低い位置へ鍋を移動していたが、羽釜では移動するわけにもいかないじゃないか!

焦った。

鍋を動かせないとなると、火加減で調整するしかないのか。ということで、薪を慌てて掻き出し、弱火に。昔の人は、薪を掻き出すことで、火加減を調整していたのだろうか。羽釜はまだまだ修行が必要。焦げた匂いがしていたが、ギリギリ"おこげ"と呼べるレベルで食い止めた。底が丸い羽釜と中華鍋。置き場に困って、急場凌ぎ。土管が思いのほか、いい感じ。リフォーム中は、毎日、時計ストーブでお昼ご飯を作っていたので、懐かしい!屋外調理で、屋外でご飯を食べた。

ご飯を食べながら、ふと見上げたお風呂の上の太陽光温水器。太陽が当たってない!!!!最近、温水器お温度が上がらないな、と思っていたら、それもそのはず。お昼過ぎでも、太陽が当たっていないのだ。冬の太陽では、手前の楠の影になっている時間が長いというわけか。うーむ。これは低く剪定せねば。旦那は、薪棚4号のフィニッシュ。家にいちばん近い場所の薪棚となる。おやつどきに、近所のAちゃんが登場。おしゃべりして4時すぎ、うっすらと足元から寒くなってきたので、ストーブに火をつけることに。

彼女は韓国で暮らした経験を持つ、オンドルの達人。韓国で学んだ薪の積み方を伝授してくれた。

まだまだ初心者の我々は、新聞紙の上に、細い順に薪を置いて、火が安定してから、徐々に大きめの薪に移るという慎重派だが、彼女の韓国式(?)は違う。

太い薪から順に細い薪へ、井桁に積み上げる。最後におがくずを振りかけて、火をつけた。そうすると、下の太い木から出たガスが、燃焼を助けるらしい。おおー!すごい!あっという間に、最下部の中くらいの薪まで燃え移る。最後、やや火力が不足して、煙が逆流したものの、少し薪を足すだけで、無事、燃焼。夕方4時ぐらいから火を焚べて、ただいま8時半。大きめの薪を4本ぐらいジャンジャン投入して、現在のストーブ前の室温は27度!二階の室温は22度。外気は6度。やば。

快適。キッチンストーブで韓国式を試してみたが、うまくいかず。まだ修行は続く。